カンジダの初期症状と進行による症状の変化

デリケート部分に痒みが出てきた場合「これって性病?」そう考える女性は少なくないでしょう。特に最近は多くの女性が経験している「カンジダ症」が気になる人も多いのではないでしょうか。カンジダ症というのは、女性の5人に1人が発症している身近な病気なのです。

カンジダになってしまったのだろうかと不安になっている女性の為に、カンジダの主な症状をご紹介していきますので、自分に当てはまるものはあるのかどうか、ここでチェックしてみてください。

カンジダの初期症状

カンジダ症になった場合、初期に感じる症状があります。それは、外陰部やその周りに少しの痒みを感じるようになる事です。

女性の膣や膣周辺というのは、割と複雑な構造になっていることもあり、蒸れやすい状況にあります。ですから、カンジダ症とは関係なく、汗や蒸れで痒みを感じる事もありますので、ちょっとだけ痒みがある場合というのは、まだカンジダ症なのかどうか、判断が難しい所でもあります。

しかし、膣自体が痒みを感じているというのがポイントで、汗や蒸れで感じる痒みは膣自体ではなくその周りの皮膚という事が多いので、そういったところで区別をしてみると良いでしょう。分かりにくい場合には、婦人科に行って検査をしてもらえばカンジダ症なのかどうか、判断ができます。

カンジダ症の主な症状

カンジダ症だとハッキリ感じるようになる症状は、初期症状よりもかなり分かりやすくなってきます。

膣の痒みが継続している、痒みがとても強い

まずは膣の痒みがかなり強くなってしまっている事が1番の症状です。常に気になってしまうほど、痒みが出ている事がほとんどで、あまりの痒さに直接自分で掻いてしまう事もある位です。それでも痒みは引かないので、掻きすぎてしまい傷になり「ヒリヒリ」とした痛みも伴ってしまいます。

性交痛や排尿痛

カンジダ症になっている場合、性交渉を行ったと時に痛みを感じる事があります。また排尿をした際にも、痛みを感じる事があるので、痒みと共にこういった症状が出た場合は、カンジダ症の可能性が高いと言っていいでしょう。

おりものの異常

普段はおりものがほとんど分からないと言う人も、カンジダ症になってしまうと、異常なおりものが出るようになります。お手洗いに行ったときに、ペーパーにチーズのようなポロポロとした白っぽい小さな塊が付くことがあるでしょう。それはカンジダ症が原因となって出てくる、おりものの特徴です。

その他に、おりものの臭いがきつくなった気がするという場合も、カンジダ症の可能性が高いです。上記の症状が1つもしくは2つ以上併せて感じるようになったら、カンジダ症を疑ってください。膣を掻き過ぎてしまい、バイキンが入る事もありますし、キズから血が出てくることなどもあります。


ページトップに戻る