カンジダの感染経路と発症してしまう原因

カンジダ症の原因となる感染経路が気になっている女性は多いかと思います。実際にカンジダを発症した人というのは、どういった感染経路を辿っているのか、ここでチェックしてみましょう!

異性との性交渉

感染するということは、カンジダ菌を持っている人と接触することで、自分にも症状が現れてしまうという事です。しかし手と手が触れたなどの軽い接触で、カンジダ菌が他人に感染するという事は、ほとんど考えられません。

カンジダ菌が感染するという事は、異性と性交渉を行った場合という事が、1番に考えられる原因です。男性がカンジダ菌を持っており、コンドームをせずに性交渉をしてしまった場合に、女性の膣内にもカンジダ菌が入ってきてしまうのです。

コンドームをして性交渉をしたとしても、オーラルセックスなどをしていた場合、口内にカンジダ菌が感染してしまう事もあります。

つまり、カンジダ菌を持っている異性との性交渉によって「膣内」だけではなく「口内」にも、カンジダ菌が感染してしまう可能性があるという事です。不特定の異性と簡単に性交渉をする事は、危険だという事が言えますので、注意してください。

もちろん、パートナーだからと言って安心はできません。万が一という事もありますので、パートナーの性器にも異常を感じていたら、性交渉は控えるようにしましょう。

感染だけが原因ではない

カンジダ症の感染経路が気になってばかりいる女性は多いですが、実は感染という原因だけが、カンジダの発症を誘発するものではないのです。膣カンジダという名前を、よく見かけるかと思いますが、これは女性が自身の膣で発症させている事も多いのです。

実は、膣内には常在菌としてカンジダ菌がいるのです。免疫力が低下する事などが原因となり、カンジダ菌が一定の数を超えて、増殖してしまう事があります。そうなると、膣内にカンジダ菌が異常に増えてしまい、痒みやおりものの異常などを引き起こしてしまうのです。

感染する性病だと思いがちなのですが、カンジダ症というのは女性自身で発症させているという事が言えるのです。女性がカンジダ症になっている事に気が付かずに、男性と性交渉を行ってしまい、男性に感染してしまいます。そしてその男性が、また他の女性とカンジダ菌を持ったまま性交渉をすると、カンジダ症がどんどん感染していくという事になるのです。

感染経路やその原因が分かった所で、異性との性交渉に慎重になるという事を、頭に入れておきましょう。


ページトップに戻る