部位別のカンジダの治療法

カンジダ症というのは、主に「カンジダ膣炎」という症状が多く見られます。稀に、口腔カンジダ症や、脇のカンジダ症になる事もあります。これらのカンジダ症に対する、治療法と改善法について、詳しく見ていきたいと思います。

カンジダ膣炎の治療と改善法

膣内の症状なので、まずは婦人科に行って診察をしてもらいます。そしてカンジダ症だと判明した時には、治療が始められます。膣内のカンジダ菌を除去するために、膣を洗浄していきます。

特に痛みなどがある処置ではないのですが、掻きむしっている場合などに傷があると、少々しみたりする可能性もあります。

膣洗浄が出来たら、真菌(カンジダ菌)の働きを抑える薬「抗真菌膣剤」という錠剤を、膣の中に入れていきます。婦人科での処置は以上となっています。その後は、抗真菌膣剤を処方されて、自分膣に挿入する治療法もありますし、塗り薬を処方されて、自分で膣に塗って治す方法もあります。

膣剤は1日1回のものもあれば、数日に1回や1週間に1回など、症状の度合いによって変わってきますので、個人差があります。塗り薬だけを貰う人もいれば、膣剤だけを貰う人もいますし、医師の処方は様々です。カンジダ菌はなかなかしぶとい菌なので、医師に言われた通りの日数分をしっかりと、自分で挿入なり塗るなりして、改善を目指していきましょう。

自己判断で辞めたりすると、カンジダ症が改善していない事がありますので、すぐに再発してしまい、また同じ苦しみを味わう事もあります。ですから、決まった用量と用法を守って改善させていきましょう。

口腔と脇カンジダの治療と改善法

口腔内のカンジダ菌は、内科に行くと治療をしてもらう事ができます。基本的には、抗真菌剤が含まれている「うがい薬・軟膏(ゲル)」を処方してもらい、自分で使って改善していく事になります。

重度の場合になると、抗真菌薬を内服する事にもなります。口腔内を清潔にするのが、ポイントなので「うがい」を意識的にすると、改善の近道になります。

脇のカンジダ菌は、皮膚科に行くと治療法を提案してもらえます。脇は湿りやすく、蒸れやすいので、通気性の良い状態をキープするのが、良い改善法です。

皮膚科では、抗真菌剤のクリームを処方してもらえますので、自分で塗りながら改善させていきます。1日に2~3回塗り、それを1か月程度続けるのが基本的な治療法になっています。


ページトップに戻る